新座にOPEN!3種の煮込みが味わえる「参寸胴-SANZUNDO」

志木駅から徒歩6分程のところに、煮込み料理店「参寸胴―SANZUNDOU」がOPENしました。

これから肌寒くなってくる季節に、煮込み料理はピッタリですね。
かく言う私はもつ煮が大好き!
こんな近くに煮込み専門店ができてくれるとは感激です。
OPENしたてに行ってやるぞ!と意気揚々で向かいましたが…。

その日はなぜかお店の電気がついていませんでした。
不思議に思っていたところへ、店主さんたちが挨拶をしに出てきてくれました。

「こんにちはー」なんて挨拶をかわしつつお話すると、

「明日からOPENなんですよ!…って、わざわざ食べに来てくれたんですか?!また来てくれますか?!」

と言われてしまいました。

まさかOPEN前に行ってしまったとは。お恥ずかしい!

と言うことで、日を改めて行ってきました!

みんな注目のお店!

リベンジ当日。時刻はちょうどお昼の12時。

お店の前まで行くと、中にいた女性と目が合いました。
「あぁ!!!(全力の笑顔)」
女性の笑顔を見て、自分のことを覚えていてくれたんだとうれしくなっちゃいました。

店内はもつ煮屋さんらしからぬ、オシャレな雰囲気。
カウンター席や、高いテーブルは、まるで居酒屋さんというよりバーという表現が合いそうです。

さて、ちょっとドキドキしつつランチメニューを見ていきます。
私と友人、それぞれ「モツ煮込み定食」と「魯肉飯(ルーローハン)定食」を注文しました。

ちょうど私たちの席が入口側だったこともあり、待っている間外を眺めると、お店の前で足を止めている人たちを何人か見かけました。

女子大学生の方や、5~60代くらいの女性や男性が、ジッと表の看板に注目していました。
思わず、「ここの煮込み、食べていきませんか!」と叫びたくなっちゃいました(笑)

アツアツ!店主のこだわり煮込み料理!

まずは「モツ煮定食」。

こんなにオシャレなモツ煮定食は初めて見ました。陶器のお皿に盛られていると、より一層おいしそうに見えますよね。

左上のサラダはごま油で和えられ、お塩が少しふりかけられています。シンプルですがおいしいです。

そして、メインのモツ煮は全く臭みが無く、しっかり味がしみ込んでいます。大根やニンジンもトロトロ。ご飯が進みます。箸が止まらない!
モツ煮を口に含み、ご飯をかきこみ、わかめスープでほっと一息。

ご飯にたくあんがのっているのも個人的にうれしいポイント。
「たくあんをかじるとき、すごくうれしそうにしてたね」と、友人に言われてしまいました(笑)そんなたくあんは、モツ煮の箸休めにちょうど良いです。

こちらは「魯肉飯定食」。
私が知っているルーローハンは、角煮が刻まれてご飯にのったスタイル。ですが参寸胴さんのルーローハンは、お皿に大きな角煮がドーン!とのっています。
予想外すぎてテンションが上がってしまいました。

しっかり煮込まれた角煮は、ほろほろトロトロです!
八角の香りが食欲をそそる!
台湾気分を味わえます!(私は台湾に行ったことないですが笑。)
添えられた紅生姜は、濃い味のお肉と相性バツグン。

味がしみしみの煮玉子もおいしいです!

最後のシメはやっぱりデザート。
「ジャスミンのムース パッションマンゴー添え」と「黒糖バナナチョコケーキ」です。

ジャスミンのムースはふわふわの食感。
ムースだけで食べると優しいまろやかな味わいですが、そこにソースをかけると酸味のアクセントが加わって、クセになる味です。
バナナケーキは、しっとりしていておいしいです。私もお家でこんなケーキ焼いてみたいなと思っちゃいました。

お腹いっぱい大満足です!

なんでモツ煮?

お店の方に、なぜモツ煮のお店にしたのか理由を聞いてみました。

なんでも、店主さんが煮込み料理好きとのこと。3つの寸胴鍋で煮込み料理をつくっていたらおいしくできたため、好きが高じてお店を開くことにしたそうです。

店名も寸胴鍋からとって
3つの寸胴鍋→「参寸胴」

にしたとのこと。

ちなみにルーローハンは、特に手間ひまがかかるとのこと。
その手間の分、とてもおいしい食事をさせてもらった気がします。

気さくな店主さんと奥さんのいる「参寸胴」。
皆さんもぜひおいしい煮込みを味わってみてくださいね。

参寸胴 -SANZUNDO-
住所:埼玉県新座市東北2-13-24
アクセス:東武東上線志木駅南口より徒歩6分
TEL:070-1270-5503
営業時間:ランチ 11時30分~14時30分
     ディナー 17時~21時
定休日:日曜日

埼玉県 新座市 東北 東武東上線 志木