新座の名所と言えば?緑あふれる「野火止用水」!

新座の魅力は?と聞かれれば、その一つに「緑豊かな自然が多いところ」と、答えることができるでしょう。
今回は、そんな新座市を代表するスポット「野火止用水」をご紹介したいと思います。

野火止用水は全長約25キロメートル。小平市から志木市の新河岸川まで続く長い用水なのです。
そしてなんと、埼玉県指定史跡にも選ばれているのです!

そのすべてを歩くのはかなり大変なので、今回は「ホタルのお宿」から「平林寺総門」まで続く「平林寺・野火止用水散策コース」を歩いてみました!
往復約20分と、ちょっとしたお散歩に最適なのではないでしょうか。

散歩コースに大人気!地域の人の憩いの場

私が訪れたのは、10月下旬。やや肌寒い日でした。
ですが、気温が下がると外の空気が澄んでいてとても気持ちがいいですよね。
それに歩いているとだんだんと体が温まってきて、寒さなど気にならなくなります!

この日はお天気もよく絶好のお散歩日和。
私以外にも多くの方が散歩を楽しんでおりました。

中には、すれ違いざまに挨拶を交わす方々、立ち止まって井戸端会議をしている奥様方。

野火止用水は地域の人々にとって「憩いの場」になっているということがよくわかりました!

興味深い情報がたくさん!看板をみつけたらぜひ読んでみてください

そして、入口付近にはこんな看板が。

「公園にあつまる野鳥たち」!
さすがは、野火止。
緑豊かな自然に惹かれて、多くの野鳥が集まってくるのですね。

残念ながら私は出会えませんでしたが、注意しながら歩いていると野鳥に出会えるかもしれませんよ。

そのほかにも歩いていると、野火止用水の歴史に関する看板や新座を代表する観光名所である平林寺に関する看板など、興味深いものがたくさんありました!
訪れたときにはぜひ読んでみてください。

「へえ~。野火止ってこんなところなんだ。」と楽しみながら散歩をすることができますよ!

「ホタルのお宿」では、毎年夏にステキなイベントが?

そして先ほどちらっと紹介した、散策コースの入口にある「ホタルのお宿」。

こちらは、ホタルの里を作る会の拠点場所になっており
2002年より毎年ホタルを育成し、初夏にホタルを飛ばして鑑賞するイベント「野火止ホタルの夕べ」を実施しています。

私も小学生くらいの時、毎年家族でこちらのイベントに参加していました。
「野火止ホタルの夕べ」の時期になると、「ああ。今年も夏休みが始まったんだな」というわくわくした気持ちになっていました。
また、同じ学校の友人も何人も来ており、ちょっとしたお祭り気分だったのが懐かしいです。

そしてそのお隣にある「西分集会掲示板」を見てみると、地域のつながりの強さがうかがえます。

その一つにこんなものがありました。

「ハロウィンを楽しもう!」

もうすぐハロウィンということもあり、こんなイベントが開催されていました!
内容は、「お菓子のプレゼント&お楽しみ」。
「仮装もしてきてね!」とのことです。

子どもならばわくわくしてたまらないイベントでしょう!
10月24日実施ということですでに終わってしまっていますが、この他にも町内会では季節のイベントを定期的に実施しています。

このように野火止は地域の結びつきが密接な温かい町です!

緑豊かな自然に加えて、地域の温かさを感じることができる野火止用水。
ぜひ訪れてみてくださいね。

野火止用水
住所:埼玉県新座市
アクセス:JR武蔵野線新座駅から徒歩15分(下流)
     西部池袋線清瀬駅徒歩10分(上流)
     東部東上線志木駅から徒歩5分(沿道・遊歩道)