自然の中で見つける生き物たちにわくわく♪朝霞市「わくわく田島緑地」

春になり、外で過ごす時間が心地よい季節になりましたね♪
朝霞市は、公園も多く、お散歩を楽しめる場所がたくさんあります。
また新たに、お散歩にぴったりな場所を見つけちゃいました!

それが、「わくわく田島緑地」です。
車で通りかかった時に、「わくわく田島緑地」の看板が立っているのを見つけました。
「わくわく緑地って、なんか楽しそう~♪」
今日のお散歩は、「わくわく田島緑地」へ行ってみることに。
おにぎりを持って、レッツゴー!

ひんやりとして気持ちいい!湧き水

この日は、暖かくとてもいいお天気で、絶好のお散歩&ピクニック日和!
「わくわく田島緑地」は、東武東上線朝霞台駅と朝霞駅の中間地点にあり、どちらの駅からも歩いて30分ほどのところにあります。
笹橋のバス停からだと、歩いて5分ほどかかります。

私は、歩いて「わくわく田島緑地」へ向かいました。
黒目川にかかる東橋から土手を歩いて行きます。
「どんなところなんだろう~」と、わくわく♪

歩いていると、土手の一画にパイプとバケツが見えました。
重なった石と草の間から伸びるパイプ。パイプの先には、バケツがあります。
なんと、湧き水が出ていました。

ちょろちょろ〜って感じなのかな?と近づいて見てみると、意外と水量が多い!
勢いよく流れてくる湧き水。
透き通っていて、陽の光を受けてキラキラ。

湧き水に手を入れてみると、冷たくて気持ちいい!
とてもきれいに見えるのですが、さすがに飲むことはできません。
暑い日だったので、ひんやりしてとても気持ちよかったです。

ホタル、メダカ、アメンボ…きれいな水を好む生き物たちが棲む池

そして、湧き水の近くには池がありました。
蓮の葉が浮かんだ池。
池の中にはメダカがいるようです。
よく見てみると、何匹かメダカが泳いでいました。

そして、水面にはアメンボも。
久しぶりにアメンボを見ました!
きれいな水でないと生きられないアメンボ。
この池がきれいな証拠ですね!

この池では、ホタルも育てているようです。
ホタルが飛び始めるのは、6月になってからとのことで、あともう少し。
きれいなホタルの光が見られるのが楽しみですね!

他にはザリガニもいるそうです。
探してみたのですが、ザリガニは見つけられませんでした。

きれいな花を見ながら春を感じるピクニック♪

川の土手をさらに歩いていくと、開けた場所にでました。
目の前に、青空と緑が広がります。
「気持ちいい~!!」
広々としていて、本当に気持ちがいいです。

一画にきれいに整備された花壇がありました。
花壇には、色とりどりのチューリップがたくさん!
とってもきれいで、春を感じます。

そして、ところどころにベンチが設置されています。
そのベンチに座って、おにぎりを食べました。
自然に囲まれた中で食べるご飯は最高です。

私たちの他にも同じように、ベンチでピクニックをしている方がいました。
広々としていて、人も少ないので、穴場です。

「ぶらぶらツリー」というぶらさがり健康器のようなものもありましたよ!

青空が広がる気持ちいい場所「わくわく田島緑地」

「わくわく田島緑地」は、ボランティアの方が手入れをしているそうです。
なので、とてもきれいに整備されています。

朝霞にこんないいところあったんだ~と、うれしくなりました。
視界を遮るものがなく、個人的には、土手の緑と川と青空の構図がとても好きです。
レジャーシートを敷いて、日向ぼっこしたくなりました♪

最近は、なかなか自然の中で生き物を見る機会も少ないですよね。
「わくわく田島緑地」は遊具はないですが、大人は懐かしい気持ちに、子どもにとっては新鮮で、大人も子どもも楽しめる場所だと思います。

とても気持ちのいい場所なので、天気のいい日にぜひ行ってみてくださいね。

わくわく田島緑地
住所: 埼玉県朝霞市田島2-1
アクセス:東武東上線「朝霞駅」南口から徒歩30分
     東武東上線「朝霞台駅」北口・JR武蔵野線「北朝霞駅」東口から徒歩30分
     国際興業バス「笹橋」バス停下車 徒歩5分