和光市のさくらのおすすめスポットを紹介します!

今年も、春がやってきました。

みなさんが「春」と聞いて、まず思い出すことは何ですか?

卒業式、入学式、または花粉症でしょうか?

もちろん、「さくら」が最初に思い浮かぶかたも多いと思います。

「さくら」が咲くと、卒業シーズンの到来です。

それとともに花粉症の知らせも届きはじめて、さらには初々しい新入生たちが校舎に色どりをくわえるようになります。

そんな季節の流れが「さくら」という一つのワードでつながっているのですから、とっても不思議な気持ちになります。

和光市にも、たくさんの「さくら」がいろんな場所で咲いているのを見ることができます。

みなさんの「さくら」のおすすめスポットはどこですか?

今回は、私が毎年お花見を楽しんでいる“おすすめスポット”をいくつかご紹介したいと思います。

名前がかわいい「チビッコ公園」

最初にご紹介するのが、和光市駅からほど近い場所にある「チビッコ公園」です。

小さな公園ですが、すべり台やブランコ、砂場もそろっているので、比較的小さいお子さんをつれたお母様たちがあつまっている印象があります。

マンションにはさまれてはいますが、公園入口側は線路沿いなので、とても近くで電車が走っているのを見ることができます。

「チビッコ公園」を私がおすすめするポイントは、狭い敷地に反して、さくらの規模が大きいことです。

さらに、広い範囲に木が植えられてあるので、さくらが満開になったときの迫力と圧巻は、「チビッコ公園」が和光市で一番!だと、私は思っています。

遠めから見てもすばらしく、こちらのさくらを眺めるたびに“あぁ今年も春が来たなぁ~”と感じずにはいられません。

そして、私のおすすめする撮影のベストポジションは、すべり台の一番上にのぼってさくらを背景に撮ることです。

ちょうど満開のときは、被写体のうしろがすべて白一色になり、まるでさくらにつつまれているような写真を撮ることができますよ。

ぜひ、一度おためしください。

ただ、お子さんを一人でたたせる場合は、すこし高い場所になりますので、どうぞ気をつけて撮影してくださいね。

私が今回こちらをおとずれたときは、まだ朝早かったため、お子さんの数は少なかったのですが、そのかわりお仕事前の会社員のかたや女性が静かにさくらを楽しんでいる様子を見ることができました。

それを見つめながら、これもステキな風景だなぁと感じました。

豊富な遊具と水遊びができる「せせらぎ公園」

次は、「チビッコ公園」のすぐ近くにある「せせらぎ公園」です。

こちらは、さきほどとくらべ敷地が広く、道路側の入り口から反対側の入り口までの高低差があったり、豊富な遊具がいくつもあったり、さらに夏になると人工的に水遊びができる川を解放してくれることもあって、一年中子ども連れであふれかえる和光市の中でも人気の公園です。

一度遊びはじめると子どもたちがまったく帰らなくなってしまうので、お困りになったご両親も多いのではないでしょうか?

また、有楽町線・副都心線と東上線が同時に見られる公園ということもあり、電車好きのお子さんから大人まで人気のスポットです。

こちらのさくらもすばらしく、ゆっくり腰を下ろして花見をするのにもむいています。

ソメイヨシノの白い花が咲く大きなさくらの木が何本も植えられて、ピンクのしだれ桜もかわいらしく咲きほこっていました。

日本ではソメイヨシノが一番多いと聞きますが、和光市でもこのようなしだれ桜はめずらしいような気がします。

あざやかな色合いで、とても目をひいていました。

「せせらぎ公園」の私のお気に入りは、ちょうど公園の真ん中にある大きな木の下のベンチに座って風を感じることです。

少しずつあたたかくなってきた春の風が、早くも散りはじめたさくらをつれて通りぬけていきます。

夏の暑い日にもこのベンチは気持ちが良いのですが、やわらかい風と花びらをふくむ春の季節も格別です。

一度、このベンチに座って、春とさくらを感じてみてくださいね。

別世界が楽しめる和光市役所横のさくら並木

最後は少し駅から離れますが、和光市役所横のさくら並木をご紹介しようと思います。

こちらは公園ではなく、和光市役所と和光市立広沢小学校にはさまれた車道になります。

「ファッションセンターしまむら」さんがある公園通りから入ると、そこには別世界がひろがっていました。

白くけむるような、さくらのアーチが通りのむこうまでつづいています。

その風景に、思わず「わぁ…!」という声が出てしまいました。

もちろん、真ん中には道路が走っているので車が通りすぎていきますが、歩道がちゃんと整備されてあるので、ゆっくりと歩きながらさくら並木を楽しむことができます。

またこちらの歩道が少し石畳を彷彿させて、とてもステキなんです。

私のおすすめポイントもそこになります。

ゆったりと時間を忘れて歩きたい、そんな通りだと思いました。

私も乗っていった自転車から降りて、しばらくさくらを楽しむことができました。

風がふくと、いっせいに花吹雪が舞い、そこは夢のような光景に。

一瞬で日常から切りはなされ、非日常な空間になるなんて「さくら」という存在にはビックリしてしまいます。

みなさんも、石畳を彷彿させる歩道で、さくら並木を楽しんでみてくださいね。

まだまだおすすめのスポットがあります!

この他にも和光市には、樹林公園や理化学研究所近くのような、大きなさくら並木がいくつもあります。

また公園も神社も多く、それぞれのさくらの咲きほこるすがたを、いろんなかたちで楽しめると思います。

みなさんにもそれぞれお気に入りのスポットがあるのではないでしょうか?

今回おすすめした場所は、すべて私が気軽に立ちよれて、なおかつ小さな子どもも連れていけるスポットになっています。
(市役所横の歩道は、車の進入には気をつけてくださいね)

一人で見るのもよし、子どもたちと感動をわけあうのもよし、今年も和光市の「さくら」がステキに咲いている姿が見られて、本当にうれしかったです。

みなさんも、いろいろなさくらを楽しみに、どうぞ和光市へ足を運んでみてくださいね。

チビッコ公園
住所:埼玉県和光市丸山台1-3
アクセス:東武東上線「和光市駅」から徒歩4分
     東京メトロ有楽町線「和光市駅」から徒歩4分
     東京メトロ副都心線「和光市駅」から徒歩4分

せせらぎ公園
住所:埼玉県和光市丸山台2-1
アクセス:東武東上線「和光市駅」から徒歩6分
     東京メトロ有楽町線「和光市駅」から徒歩6分
     東京メトロ副都心線「和光市駅」から徒歩6分

和光市役所
住所:埼玉県和光市広沢1-5
アクセス:東武東上線「和光市駅」から徒歩15分
     東京メトロ有楽町線「和光市駅」から徒歩15分
     東京メトロ副都心線「和光市駅」から徒歩15分