心に華やぎと癒しをあたえる和光市の「青山フラワーマーケット・エキアプレミエ和光店」

オシャレな花屋さんはお好きですか?

色とりどりの花が飾られてある店内を眺めているだけで、呼吸が落ちつきホッとした気持ちになります。

和光市の「青山フラワーマーケット・エキアプレミエ和光店」も、そんなステキな花屋さんの一つでしょう。

私も和光市駅直結のお店の前を通るたび、あまりの花たちの美しさに何度も目をうばわれ、時には季節の変化をこの花屋さんで感じながら過ごしています。

和光市駅近くのオシャレな花屋さん「青山フラワーマーケット・エキアプレミエ和光店」を、今回みなさんにご紹介します。

和光市に誕生した「青山フラワーマーケット」とは?

2020年3月26日の木曜日、和光市駅の商業施設エキアプレミエ和光内に「青山フラワーマーケット・エキアプレミエ和光店」はオープンしました。

とても有名なフラワーショップの支店なので、ご存知の方も多いだろうと思います。

私も、こちらのお店が和光市駅直結の商業施設に入ると聞いた時、そのオープンを心待ちにしていた一人です。

「青山フラワーマーケット」は、「Living With Flowers Every Day」をコンセプトに、花や緑に囲まれた心ゆたかなライフスタイルを提案するフラワーショップ。

日本国内外に約100店舗のお店とオンラインショップを展開する、花に関心のある方なら誰もが知っている有名な花屋さんです。

そして何より、オシャレなお店構えが魅力的なお店です。

それでは、どんな花たちがあるのか、詳しく見てみましょう。

店内は色とりどりの花・植物でいっぱい!

けっして大きくはない敷地に、いくつものブースが作られた「青山フラワーマーケット・エキアプレミエ和光店」は、それぞれのブースごとにテーマがあるように見受けられました。

花や植物の種類・色ごとのテーマが感じられ、ゴチャゴチャせずとても見やすい印象です。

一番大きなメインのブースには、ひまわりやバラを筆頭に、見たことも聞いた事もないような花が数多く集まっています。

黄色からピンク・オレンジ、白からブルーへと、キレイな色のグラデーションができていて、見ている私たちに気持ち良さをあたえてくれています。

また訪れた日がちょうど七夕の当日だったため、小さな白い花がとてもかわいらしい「Sterdust」を使ったブーケや、七夕ブーケ「ミルキーウェイ」のブースもありました。

それが本当にかわいくて、とても心に残りました。

和光市駅ロータリー側になるお店の奥には、ハイビスカスのような少し南国感のあるお花がそろっていて、花器の雑貨と共に楽しめます。

花器もこれだけそろっていると、いろいろ選ぶことができるし、ちょっとお花を買ってみようかな?という気にもなるのではないでしょうか。

こうやって見てみると、それぞれのブースが本当に考えられて配置されていることに気づきます。

たくさんの優しさがつまったフラワーショップ

今回「青山フラワーマーケット・エキアプレミエ和光店」をゆっくり見させていただいて気づいたことの一つに、優しい心遣いがありました。

まず、お店の中央に「当月スケジュール」が貼られていて、そちらを見ると週ごとの一番のおすすめや、イチオシの鉢ものがすぐ分かります。

私はこのようなスケジュールを見たのが初めてだったので、スゴイなぁと思いながら見入ってしまいました。

また、花や植物の紹介・育て方をわかりやすく説明してくれているので、どんな花だろう?どう育てたら良いのかな?という疑問を、まずそこで解消することができます。

これは本当に親切だと思いました。

そこに書かれている文字と文章もかわいらしくて、ついつい楽しんで読んでしまいます。

さらに、ポイントポイントで置かれた、小さなブーケもステキですよね。

何と言っても気軽に手に取りやすいですし、これこそ「青山フラワーマーケット」のコンセプト、「Living With Flowers Every Day」にピッタリだと思いました。

それにブーケが本当にみんなかわいいのです!

眺めているだけで心がホッとしてきます。

どんな花も一輪から選ぶことができるというところもビックリしましたが、お店の中にちょこんと置かれた、あるプラカードの言葉がとても印象的でした。

「お好きな花をお選びください」

そう書かれたプラカードは、和光市駅方面の入り口横のブース(今回は「Sterdust」のブーケがあった棚)に置かれていたものですが、とてもシンプルに「青山フラワーマーケット」の想いを伝えているような気がしました。

内容はこのようなものです。

「Living With Flowers Every Dayをコンセプトとした青山フラワーマーケットでは、「お客さまに花を身近に感じていただきたい」という想いがあります。

お気軽にお好きな花を優しく手にとってお選びください」

内容的には、本当に簡単なことかもしれませんが、こちらのフラワーショップの信念や考え方がすべてつまった言葉のように私には思えました。

花以外の植物の魅力も知りたい!

「青山フラワーマーケット・エキアプレミエ和光店」では、お花以外にも、多くの観葉植物や流行りの多肉植物、サボテンなども充実しています。

私がお邪魔した時におすすめだった鉢ものが「スイカペペ」。

葉っぱの模様と形がまるでスイカのように見える観葉植物ですが、大きなプラカードに「スイカペペ」の特徴と育て方が一気に説明されています。

スゴイ情報量なのに、まったく無理を感じさせません。

私でも育てられるかな?と、ついいろいろと手を出したくなるほどです。

さらに、幸運の精霊が宿っているといわれる「ガジュマル」があったり、人気の多肉植物が置いてあったりと、鉢ものも見応えタップリで、ブースの前に座り込んで隅々まで眺めてしまいました。

こちらの植物にも、もちろん愛情のこもった説明が書かれたプラカードがついています。

こんな風に毎日愛されたら、お花も植物も、きっとスクスクと健康に育つでしょう。

お客さんの方も、それらを一つずつ読んでいく楽しさもあります。

とってもステキな心遣いだと思いました。

心に華やぎと癒しをあたえるフラワーショップ

和光市のオシャレな花屋さん「青山フラワーマーケット・エキアプレミエ和光店」は、見ているだけで心が華やいだり、疲れた気持ちが癒されたり、楽しい気持ちがどんどん生まれてきたりと、花と植物の存在感や生命力の力を感じられるステキな場所でした。

そして改めて、私たちの生活には、やはり優しい花たちが必要なのだなぁと感じました。

ちなみに、ずっと気になっていたことがあるのですが…。

それは、フラワーショップのお隣にあるベーカリーショップ「R Baker」(アールベイカー)の店内にいくつも置かれた、一輪挿しのバラ(私が見る時はバラが多かったです)の存在です。

イートインコーナーのテーブルでそのバラを見るたびに、いつもキレイだなぁと心癒されてホッとしてきました。

レジ横に置かれた一輪挿しには、お花の説明がついた小さなプラカードが付いていて、今度はどんな花かな?と思う楽しみもありました。

これって、もしや…?

そう思いお尋ねしたところ、やっぱりこちらの花を「R Baker」で飾っているのだそうです。

やっぱり!

ずっと気になっていたことだったので、とってもスッキリしました。

パン屋さんと花屋さんのコラボ。

どちらも私たちの心を癒してくれる存在だから、その相乗効果でこんなに私の心に残っていたのかもしれませんね。

とてもステキなお話しが最後に聞けて、私も嬉しかったです。

こんな、心が華やいで癒されるフラワーショップ「青山フラワーマーケット・エキアプレミエ和光店」に、どうぞみなさんも足を運んでみてくださいね。

青山フラワーマーケット エキアプレミエ和光店
住所:〒351-0114埼玉県和光市本町4-7 エキアプレミエ和光1F
アクセス:東武東上線和光市駅から徒歩1分
     東京メトロ有楽町線和光市駅から徒歩1分
     東京メトロ副都心線和光市駅から徒歩1分
TEL:048-424-8087
営業時間:10:00-21:00
※新型コロナウイルス感染拡大等により、開店時間等が記載と異なる場合があります。訪問時は事前に確認ください。