新座市の実力派バリスタのお店!「Kondo Coffee Stand」

新座市の住宅街の中にある「コンドウコーヒースタンド」。

アパートの1階がリノベーションされ、お店になっています。看板は小さく主張は控えめ。はじめは気づかずに通り過ぎてしまいました。
まさに穴場スポットといった感じで少しドキドキします。

ドアが開いており、穏やかな雰囲気を感じたので入ってみることに。

私が到着した時間は午後15時半過ぎ。

店内には20代くらいの女性と50代くらいの男性がひとりでお茶をしていました。

お店は16時までとのことで、私はテイクアウトにしてもらいました。

バリスタの入れるコーヒー

コーヒーのラインナップは7種類。
メニューにはコーヒー豆の味わいについてそれぞれ簡単に説明が書かれており、イメージしやすくなっています。
今回私は、アイスコーヒーと手作りの「抹茶ホワイトチョコ」スコーンを買って帰ることに。

注文すると一杯ずつ丁寧に店主さんが淹れてくれます。
店主の近藤さんは日本スペシャルティコーヒー協会が行うコーヒー抽出の国内競技会、「ジャパン ブリューワーズカップ2018」で準優勝された実力派バリスタです。

静かな空間にコーヒーの良い香りが漂い、時間がゆったりと流れている気分。
サーバーにぽたぽたとコーヒーが落ちていく様子を見ているとワクワクします。

こだわりの店内

待っている間、お店の中を見させてもらうことに。

入り口横には焼き菓子が販売されています。

こちらは店主さんのお父さんの出身地、山形県のお菓子だそう。
どれもおいしそうです。

ステキなテラスは住宅街の一角だということを忘れてしまいます。

こだわりの一杯

さて、商品を受け取り帰りますが、コーヒーは帰りながらいただくことに。

さっそく一口。
少し酸味があり爽やかな味わいです。また、チョコレートのような香りがふわっとします。
苦味はあまり感じず、スッキリとしたアイスコーヒーでとても飲みやすいです。
カップにたっぷりと入っていて大満足。帰り道、ちょっと贅沢な時間を過ごせました。
私はコーヒーに詳しくありませんが、おいしいと思った一杯でした。

本日のスコーン

家に着いて、今度はスコーンをいただきます。
レンジで少し温めて食べることに。

アイシングの濃い緑色がキレイです。
では、いただきます。

表面はサクサク、中はしっとり。
抹茶の良い香りが鼻から抜けていきます。混ぜ込まれたホワイトチョコの甘さは、抹茶のほろ苦さとマッチして良いバランスです。

上にのったオレオクッキーと一緒に食べると、ビターな味わいとサクサク触感が増して、また違ったおいしさが生まれます。

食べ進んでいくと途中、とろっとしたあんこが入っていることに気づきました。
甘さ控えめ、少し塩味を感じます。甘いスコーンを引き立ててくれます。

かわいい見た目ですがけっこうボリュームがありますよ。
新作スコーンも楽しみにしています。

また時間のある時に行ってみたいと思います。
今度は店内で過ごしてみたいです。

皆さんも「コンドウコーヒースタンド」の、おいしいコーヒーと焼き菓子を味わってみてくださいね。

KONDO COFFEE STAND(コンドウコーヒースタンド)
住所:埼玉県新座市野火止5-11-54 カーサビアンカ101
電車:JR武蔵野線新座駅から徒歩8分
電話番号:080-1284-1643
営業時間:11時~18時(営業時間の変更有。詳しくはFacebookでご確認ください。)
定休日:不定休

埼玉県 新座市 野火止 JR武蔵野線 新座