和光市の魅力がつまった一杯!「新倉うどん ひろとみ」

夕方の情報番組「よじごじDays」。
先月この番組で、「和光市」の内容が放送されていたことを皆さんはご存知でしょうか?

身近な街が取り上げられるとはうれしいものですね。

そこで今回は、テレビにも登場していた「新倉うどん ひろとみ」さんに行ってきました。

テレビで見たあのうどんが食べたい!

お店は和光郵便局のすぐ近くにあります。

ん…?見覚えのある場所だな…。

そう、実は「ひろとみ」さんの場所は、以前こちらのブログでもご紹介したラーメン店「樹真」のすぐお隣でした。
(まさかこんな近くだったとは!ちょっとビックリ。)

テレビで取り上げられていたお店に入るのはなんだかドキドキします。
では、さっそく入店。

テーブル席に座り、メニューに目を通していきます。が、すでに私は「コレ」を食べると決めていたものがあります。

それは、

「大根おろしと小さく切った揚げもちうどん」!

「よじごじ」で観た、大根おろしの入ったうどんをいただきたかったのですが、このようなメニュー名だったとは…笑。

なんでも、この「大根おろし」は、和光市にある「大矢製鉄所」さんが制作している純銅製おろし金を使ってすってつくられるそう。
職人さんが丹精込めてつくったおろし金は、切れ味抜群。他のおろし金ですった大根おろしとは、まったく味わいが違うとのこと。

調理器具にまで、和光市愛溢れるこのメニュー。楽しみです!

和光づくし!こだわりの一杯!

こちらが「大根おろしと小さく切った揚げもちうどん」です。

大根おろしの前に気になったのは、ころんとした見た目がカワイイ「揚げもち」。
表面はサクッとしており、中はモチモチ。つゆに浸かった部分はちょっとトロトロ。
これはハマる!おいしい!
ひとくちサイズなため、喉に詰まらす心配もなく安心。パクパク食べてしまいました。

では、メインのうどんと大根おろしをいただきます。

試しに大根おろしのみでいただきます。

「なんと!全然辛くない!そして舌触りなめらか!香りが良い!」

家で食べる大根おろしとは全然違い、感動しました。
ふわふわとした食感は、まるで雪のよう。

職人技を感じる!

続いてうどんをいただきます。
仕上げに手揉みされているため縮れており、おつゆとよく絡みます。
表面はツルッツル、噛めばモチモチの食感。

麺はもちろんですが、おつゆもおいしい!
こだわりの出汁は化学調味料を一切使っておらず、「かつお節」、「宗田節」、「さば節」の3種類の削り節を使い、弱火でじっくり時間をかけてとっているそう。

削り節の風味を楽しめます。

ちなみに、削り節は和光市の「池田物産」さんから仕入れているとのこと。

和光市の魅力が詰まった一杯ですね!
サッパリとしつつ、深みのある味わいに大満足。

家でも味わえる新倉うどん

新倉うどんをお家でも食べたい!
そんなときは、お店近くの「鈴木製作所」さんや「クロシェット ドゥ ボア」さんでお買い求めいただけますよ。

お店で食べたうどんをお家でも味わえるのはうれしいですね。

まだ間に合う!和光市の激アツな1週間!

皆さんにお伝えしたいことが…。
なにかと言うと、

和光市は10月31日で市制施行50周年を迎えます!
おめでとうございます!

そこで記念式典が予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまいました。

ですが!
代わりに、「WAKO HAPPY WEEK」という激アツなイベントが実施されることとなりました!

どんなイベントかと言いますと、

10月26日~11月1日の期間、和光市のお店や施設が独自のサービスを提供してくれるというもの。

もちろん「新倉うどん ひろとみ」さんも、参加店舗のひとつ。
特別サービスの内容は、

「かけうどん、ぶっかけうどんに天かすのせ放題!50周年にちなんで500円(税抜き)での提供」

だそうです。(まだ間に合いますよ!)

皆さんも「新倉うどん ひろとみ」で、ぜひ和光市の魅力あふれる一杯を味わってみてください。また、「WAKO HAPPY WEEK」も活用してみてくださいね。

新倉うどん ひろとみ
住所:埼玉県和光市本町12-33島田テナントビル1F-C
アクセス:東武東上線和光市駅から徒歩5分
TEL:048-424-7158
営業時間:11:30~15:00 17:30~20:30(ラストオーダー20:00)
     ※夜の営業は、日曜日、月曜日休み
定休日:不定休

埼玉県 和光市 本町 東武東上線 和光市
東京メトロ副都心線 和光市