朝霞市でおいもスイーツはいかが?「おいもとほん talking book」

サツマイモがおいしい季節になりましたね。
「石焼~き芋っ、お芋~」なんて聞こえたら思わず追いかけたくなります。

また、この時期は、おいもスイーツも良く見かけますね。

そこで今回は、サツマイモを使ったおいしいお菓子が食べられるお店をご紹介します。


埼玉県南西部消防本部の隣にある「おいもとほん talking book」さん。2020年1月からOPENしています。

「アサカストリートテラス」で出店されていた際は行列ができていたので断念。ですが、せっかくならお店に行ってみたいなと思い、この間行ってきました。

一軒家で営業されているお店。お店の前まで来ると、人のお家に入るみたいでちょっとドキドキ…。

階段をのぼった先には「壺焼き芋はじめました!」と書かれた看板の後ろに、大きな壺が置いてありました。
おお…こういう壺で焼いているんですね。実物が近くにあるとテンションが上がります!

好きな本を見つけてみて!

テンション上がったとはいえドキドキが止まらない状態ですが、おいしいスイーツを求めていざ、入店!

カラカラカラ…と扉を開けて、「こんにちは~…」と声をかけると、中から女性の方が出迎えてくれました。

「本をご覧になりますか?それともスイーツのご購入ですか?」

と、女性に聞かれたので、「スイーツです!」と回答したものの、ちょっと本も気になります。

見てみると、様々な種類の絵本や古書が並んでいます。オーナーが好きなものに囲まれたい!という思いでおいもと絵本をメインに書籍を陳列しているそうですよ。掘り出し物がありそうですね。

今回の本命はおいもスイーツ!

本も魅力的ですが、今回はスイーツを買いたい!と言うことで、ショーケースの中を見せてもらいました。

メイン商品は「芋ようかん」です。
・3本入り 税込388円
・5本入り 税込648円

芋ようかんは和菓子屋さんで買うイメージですが、まさかこんなオシャレなお店で買えるとは驚きです。

他にも、マドレーヌやアーモンドケーキも並んでいて迷ってしまいますが、今回はちょっとガマン。今回は「芋ようかん 3本入り」をいただくことにしました。

お会計の際、少し店員さんをお話できました。
店員さんによると、芋ようかんを手土産として買っていく方も多いそう。周りの人にも味わってもらいたいと思って皆さん買っていかれるのでしょう。ということは、おいしいこと間違いなし!

食べるのが楽しみです。

「おいもとほん」の店員さんは、気さくであたたかい方でした。もっとおしゃべりしたかったです!

素材を楽しめるおやつ!

さて、お家に帰りおやつの時間です。

本日の主役は、先ほど買ってきた「芋ようかん」です。

菓子楊枝(かしようじ)は、かわいらしい折り紙に包まれていて、使うのがもったいない!袋はしばらくとっておこうと思います。

お皿へ移しましたが、ズッシリと重みを感じる芋ようかんです。サツマイモが詰まってます!

まずはそのままひとくち。
しっとりした食感。そしてやさしい甘さがたまりません。素朴ですがそれがまた良いです。
たしかにこれはお土産にしたくなる一品です。

3本入りを買ったので、1本はバターを塗ってオーブントースターで焼いてみることに。
フワッとのぼる湯気からはスイートポテトを思わせる香りがします。焼いたことにより甘さが際立って、さらにおいしく感じました。
店員さんいわく、甘さ控えめにつくっているので生クリームを添えて食べるのもオススメだそうです。

素材の味を活かした「おいもとほん」の芋ようかんを、皆さんもぜひ、味わってみてくださいね。

おいもとほん talking book
住所:埼玉県朝霞市溝沼1-4-17
アクセス:東武東上線朝霞駅南口より徒歩12分
TEL:048-211-1217
営業時間:11時~13時 14時30分~18時
定休日:日曜日、月曜日

埼玉県 朝霞市 溝沼 東武東上線 朝霞