彩夏祭に負けてない!朝霞が誇るビッグイベント「アサカストリートテラス」

朝霞が一番盛り上がるイベントといえば、たくさんのチームが出るよさこいや花火が打ちあがる「彩夏祭」。
でもその彩夏祭にも劣らないのでは?と感じざるを得なかったのが今回行ってきた「アサカストリートテラス」です。

会場に到着してそのにぎわいっぷりにびっくり。

「朝霞ってこんなに人がいたんだ(笑)!」

今回はそんな朝霞の年に一度、1日限定の新しいイベント、「アサカストリートテラス」の様子をレポートいたします!

アサカストリートテラス開催エリアはなんと8か所!朝霞の人気店が大集合

あさかストリートテラスは朝霞駅を出たらすぐスタート!
A~Hの8エリアにわたって行われるオープンエア型のイベントで、駅前から商店街、遊歩道にかけてずらっと約80店のお店が大集合!

出店数が多すぎてどこから行こう?と迷いながらも、以前から伺ってみたかったミソラ食堂さんへまず行ってみることにしました!

ミソラ食堂さんは出店型でお弁当などの販売を駅前でもされていたのですが、店舗の方ではCDジャケットや企業ロゴ等も手がけるイラストレーター「菅野カズシゲ」さんに似顔絵を描いてもらえるイベントを開催していました!

ポップな画風がかわいいですよね!

ミソラ食堂さんでは市のイベントではない時も、定期的にお店独自のイベントを開催していてお客さんに喜んでもらっているんだそう。この日も「美空洋品旅楽団」と称して古着販売をしていました!
お料理だけでなくココロも楽しんでもらえる工夫をしている、そんなおちゃめなお店に元気をもらえた気がします。

駅前に戻るとオープンエアゾーンでは普段は体験できないような、DIYなどお子さんも楽しめるような企画もたくさんありました。

ダブルダッチ(大繩とび)をお兄さんたちに教えてもらったり、ピアノにあわせて飛んだり跳ねたり歌ったり!楽しそうに参加する子どもたちの笑顔はキラキラです!

出店している事業者さんの前にはどこも行列が出現。
朝霞の人気店を一気に楽しめるイベントはなかなかないので、まるでお祭りのようなにぎわいでした!

「こんな街になってほしいな」みんなの意見で街が変わるかも!

朝霞駅南口広場では朝霞駅前商店会さんの企画で「あさかをどんな街にしたいか」のアンケートが取られていました。
自分が考える理想の街に近いものにシールを貼って投票です。

私はみんなの笑顔がもっと増えるように、「笑顔・あいさつ」のパネルにシールをペタ!

アンケートに参加したしたお礼にアルファ米もいただいちゃいました◎

自然豊かな朝霞だからできる芝生のコンサート

朝霞の街は自然がいっぱい。とくに朝霞の森や青葉台公園周辺はオリンピックに向けて2020年、広くて緑豊かな遊歩道「シンボルロード」として整備され、朝霞市民の憩いの場となりました。

そのシンボルロード横の芝生で行われていたのがミニコンサート!
お客さんたちは貸出無料のゴザを借りて芝生でゆっくりおいしいごはんと音楽を楽しんでいました。

このゴザも不要になったものを畳屋さんから譲り受けて使用しているとのこと!
おじいちゃんが畳屋さんだった私としてはゴザをシートとして使ってくれたことがなんだかうれしかったです(笑)。
ものを無駄にしない「サステイナブル」をここでも感じました。

アサカストリートテラスはお店もお客さんも笑顔になるイベント

アサカストリートテラスのコンセプトは「あたらしいあさかの『日常』をあるこう」。

この2年間、個人としても、事業者さんとしても、みんな苦しい思いをする日々が続いています。

我慢するだけではなくて明るく前向きになれることがあるって、とても大事だと個人的に思って過ごしてきました。

今回、「アサカストリートテラス」に伺って印象的だったのは、みんながとても楽しそうなこと!
それはお客さんも事業者の方も!
みんな笑顔で会話して、「ありがとう!」が飛び交って。

まさしくしあわせな日常に近づいていることを感じました!

来年こそは彩夏祭とあわせて朝霞の二大イベントに。

「アサカストリートテラス」はそんな希望と期待がたくさんつまったイベントでした!

アサカストリートテラス

開催日時:2021年11月7日(日)10:00~20:00
開催場所:朝霞駅東口、南口、駅前商店街、本町商店街、市役所前、シンボルロード
アクセス:朝霞駅各出口からすぐ
TEL:048-463-2518 (朝霞市役所まちづくり推進課)

(2021年11月7日開催時のもの)

埼玉県 朝霞市 本町 
埼玉県 朝霞市 仲町 
埼玉県 朝霞市 青葉台 東武東上線 朝霞